これを食べれば理想のバストに?

女性ホルモンによいキャベツや大豆

ふくよかで形の綺麗なバストを作るためには、女性ホルモンが活発に分泌されることが必要です。
そのために摂取したい成分として、大豆イソフラボンやボロンが挙げられます。イソフラボンは女性ホルモンを整えて活性化する作用があり、ボロンはエストロゲンというホルモン分泌に大切な役割をする成分です。
イソフラボンは黒豆や枝豆・豆腐などの大豆製品をはじめ、豆乳からも摂取できます。忙しい人も豆乳であれば手軽に飲めて良いですね。豆乳は寝る前に飲むことで、睡眠中の女性ホルモンの分泌が盛んになりますよ。
またボロンはキャベツやリンゴに多く含まれているので、サラダなどにして積極的に食べるようにしましょう。そのほかに蜂蜜もボロンが含まれる食材です。

良質のたんぱく質を含む鶏肉や乳製品・卵

バストの膨らみや筋肉を形成するためには、良質のたんぱく質が欠かせません。たんぱく質をしっかり取り入れて、バストアップを図りましょう。
たんぱく質が多く含まれている食品の代表は、鶏肉や魚と卵、そのほかにも牛乳やチーズといった乳製品があります。
カロリーが高い物も多いので、できれば腕立て伏せなどのトレーニングを行いながらこうしたたんぱく質を摂取しましょう。そうすることで綺麗にリフトアップしたバストを目指すことができます。
また動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を同じくらいの量ずつ食べるのが理想的でしょう。植物性たんぱく質が含まれるおすすめ食材は、大豆製品です。大豆製品はイソフラボンも含んでおり、バストアップに必須食品とも言えるでしょう。

© Copyright Attractive Woman. All Rights Reserved.