寝ているときってブラジャーはつけるもの?

寝ているときのブラジャーで乳がんの危険性?

女性のみなさんは、出かけるときにはブラジャーをつけるのが普通ですよね。胸の形をよく見せるために、ブラジャーで胸の位置を高くしたり、背中のお肉を胸のほうに持ってきたり……と涙ぐましい努力をしているものです。だからこそ家にいるとき、特に寝るときは、ブラジャーをはずしてリラックスしたいと思うかもしれませんね。

実は、毎日12時間以上ブラジャーをつけていると乳がんのリスクが高まるという、アメリカの調査結果があるのです。これは、ブラジャーで締めつけることでリンパの流れが悪くなり、体に毒素がたまることが原因だと言われています。医学的根拠はないようですが、少しは気になりますね。

では、寝ているときはノーブラがいいのでしょうか?

締めつけないナイトブラがオススメ!

朝からずっとブラをつけて窮屈な思いをしているのに、寝るときくらいは胸を開放したいという人も多いでしょう。ところが乳腺が発達している欧米人に比べ、日本人の胸は脂肪の割合が多いので、柔らかくて形が崩れやすいのです。特に寝ているときには、胸が脇や背中に流れやすくなります。そのため、気になる人は寝るときにもブラジャーをつけているようです。でも日中につけるようなワイヤー入りなどの締めつけるタイプのブラジャーは、寝るときにはお勧めできません。

寝るとき用のナイトブラというものがあるのをご存知ですか?ワイヤーやホックのないものが多く、締めつけ感が少なくつけ心地がいいのに胸が流れるのを防いでくれる、そういう役割のあるのがナイトブラです。これだと乳がんの心配もないでしょう。

寝ているときに災害などがあり、着の身着のまま避難!ということもあるかもしれませんが、そういときにもブラジャーをつけていると安心ですね。

© Copyright Attractive Woman. All Rights Reserved.